読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズボラ主婦マコの0から始める貯金道

30代共働き主婦。妊娠をきっかけに家計管理を見直し、貯金0からコツコツ頑張ります。

*結婚したら、すぐに子供が授かると思っていました。

妊活&不妊治療のこと 私のこと
ランキングに参加しています♪ 宜しければクリックをお願いいたします^^
にほんブログ村

こんにちわ♪

ズボラ主婦のマコです^^

本日は私のことについて書きたいと思います。

ちょっと暗めの記事です。ご興味のない方はそっと閉じて下さいね。

 

 

f:id:makomakko3:20161207165114j:plain

 

私の思い

今後、私の子供時代の事を詳しく記事に書きたいと思っていますが、

 

私は小学生の頃、訳あって両親と暮らしていません。
ひとりっ子の私は、祖父母と3人で暮らしていました。

 

いとこが近くに住んでいたので
それなりに楽しかったのですが、
両親や兄弟が居ない(生きてはいますよ!)私にとっては、ごく普通の家庭に憧れてました。


小学生の時は一軒家に住んでたので気にならなかったのですが、中学生になってからボロボロなアパートに引っ越したので、人に見られるのが恥ずかしかったし、友達を呼ぶ事も出来ませんてました。


ボロボロなアパートに住むくらいだから、もちろん貧乏生活。お小遣いなんてもちろんありません。塾に通うお金も無い。電話を止められたり、ガスを止められる事も。

雪国なので冬は部屋が寒くて、朝起きた時はいつか凍え死ぬのでは?と思うほど、顔が冷たくなっていました。

よそ行きの洋服は1着しかなくて、お友達と遊ぶときはいつもピンクのパーカーとジーンズ。本当に惨めで辛かったです。

 

その上、私ってなにも出来ないんです。

成績は中の上くらいでしたが、スポーツも美術も技術も音楽も全てだめ。ちなみに容姿も良くない。ブログを読んでもらったら分かると思いますが文才も無し。

 


なので両親が居て、兄弟が居て、一軒家の暖かいお家に住んでいて、何かの才能がある友人達が本当に羨ましかった。


なぜ私には何も無いんだろう。。。って辛くていつも泣いていたように思います。

私ばかり、なぜこんなにも不幸なんだろう、って当時は本気で思っていました。

 


そんな生活を送っていたので、
大人になったら、一軒家を建て、夫婦仲良く、子供達に囲まれた(私にとって普通と思える)生活をずっとずっと夢見てました。

 


それから縁があって夫と出会い、結婚して、とても幸せな生活を送っていたのですが、


なかなか子供が授からない・・・。

 

結婚したら子供ってすぐ授かるんじゃないの?!

思っていたのと違う・・・。


あとから結婚した友人らの妊娠報告を受け続ける日々。


そして「マコはいつ作るのー?」とか聞かれるんですよね。


聞かれるたび、「生活が落ち着いてからー」とか「お金が貯まったらー」とか「今派遣社員だから、正社員になるまでは!」って答えてました。

 

自分を誤魔化して答えるのは、すごく辛かった・・・


「子供がなかなかできないの。」


って言っても良かったんだけど、そんな事言ったら、相手は絶対困るはず。


だから言い分けを考えて悟られないようにしていました。


気付いたら、同じ位に結婚した子や後から結婚した友人たちは皆、子供を授かってました。いないのは私だけ、、、

 

(私には家族が居て裕福に見えた)友人らがすぐに妊娠していくんです。

 


『なんで?私はあんなに辛い思いをして過ごしてきたのに、今度は子供まで出来ない辛さを味わないといけないの?』


当時はそんな風にばかり考え、

何度も何度も泣きました。


うちの夫は子供の面倒見が良く、親戚の子や私の友達の子ともたくさん遊んでくれるんです。


その姿を見て、私のせいで我が子を一生夫に抱かしてあげる事が出来ないかもしれない、と思うと益々辛く情けなくなりました。


相手が私じゃなかったら、、、

 

そう思うと胸が苦しくなり、私が生きている価値ってなんだろう。

 

いっそのこと夫と別れてあげた方がいいのか、

 

でも大好きな夫とは別れたくない、だけど大好きだからこそ別れてあげた方がいいのか・・・


そこまで追い詰められた事もあります。


大好きな人との子供を望んで授かれないというのは、本当に心が蝕まれていきます。

 

何度涙した事だろう。

 

旅行をしたり、物を買ったりしてその気持ちを誤魔化していたように思います。

 


そんな時に、

 

親戚から言われた「もう二人で遊ばなくていいから早く子供作りなさい」という言葉や、

   

友人から言われた「家建てたのすごいねー!子供作るより家建てる方が大変だから」という言葉に、


すごくすごく傷付きました。

 

正直、家建てるのはお金さえ出せば建てられるし、
今はお金が無くたって建てられます。


子供はどんなにお金を出したって授かれない人だっているんです。

 

自分がその立場になってみないと、相手の気持ちってわからないですよね。

 

結婚したら子供はすぐ授かるものだと思っていましたから、
私も結婚した友人に「子供はまだ作らないのー?」って聞いていたことがありました。


今思うと本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。その友人だって何らかの理由があったはず。


皮肉なことに自分が不妊になって初めて、
相手の気持ちを考えて発言しようと思えるようになりました。


25歳で結婚し、
不妊治療を経て30歳で妊娠。


約5年かかりました。


妊娠するまでの5年間は、涙した事もたくさんありましたが今振り返ると私には必要な時間だったんだなと今ならそう思う事が出来ます。

 


昨年私が正社員になり、夫が転職して始めは契約社員だったのですが今年の4月に正社員になりました。

 

それからすぐ妊娠発覚。

 

タイミングとしてはとてもいい時期だったと思います。


私が正社員になる前に妊娠していたら今みたいに産休を貰い、仕事復帰するという選択は出来なかったはずです。

 

不妊治療中、
夫はとても協力的で「大丈夫大丈夫、いつか出来るよー」「出来なかったら出来なかったで二人で幸せに暮らそう」といつも前向きに私を励ましてくれました。


そのお陰もあり不妊治療をする前よりも、
夫婦の絆は強くなったと思います。

 

夫婦の時間がたくさんあったので、思い出もたくさん出来ました。

 

この5年があったからこそ、
お腹にいる小さな命が愛しくて愛しくてつわりの時期さえも、妊娠したからこそ味わえるんだ!と、嬉しく思えました。


妊娠後期は、浮腫がすごくて足が痛いし、
腰も痛いし、そこらじゅう痛いけど、全く苦じゃなく、むしろ幸せすぎるマタニティライフを過ごしています(*˘˘*).。.:*♡

 


妊娠してから益々優しくなった夫が、
お腹に幸せそうに話しかけているのを見るのも
嬉しくて。

 


子育てが始まっても
この気持ちを忘れないようにしたいと思います。

 


母親が居ない私が子育て出来るのか不安ですが
愛情をたっぷり注いで育てていきたいと思っています(*^^*)

 

 

にほんブログ村テーマ 不妊治療⇒妊娠(マタニティ)⇒出産へ
不妊治療⇒妊娠(マタニティ)⇒出産

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しているので、

↓クリックして頂けると嬉しいです💛♡


にほんブログ村

最後までお読みいただき、ありがとうございます^^ ランキングに参加しています♪ もし宜しければ、クリックをお願いいたします★↓
にほんブログ村